島崎恭一著講談社刊ペーパーパークラフトBOOK『ハウルの動く城』を作ってみた

ペーパークラフトで見るハウルの動く城

K-2SO

K-2SO。『ローグワン』に登場したドロイドのプラモデル(バンダイ)のレビューざんす

投稿日:

K-2SOプラモデル

ツヤツヤの外箱

『ローグワン』観ました。

んで、すぐにAMAZONに発注しました。

K-2SOの1/12のプラモデルです。

K-2SO

外箱まわりから見ていきます。

最近、スターウォーズのプラモデルをばんばん出しているバンダイからの発売です。

昭和のオヤジはプラモづくりといえば、シンナー臭の思い出ですが、最近のプラモデルは、基本的に接着材は使わないで組み立てられます。

K-2SO

キットにはクリヤパーツも使われています。

映画では。肘関節と膝関節がリング状になってるんですが、そこはクリアパーツで表現されています。

組み立て説明書がこれ。

このK-2SOのパーツリストです。

大きなランナーが2枚。ディスプレイ台の部品パーツとポリキャップ、シールは、粘着シールと水転写式デカールの2種類が入っています。

色指定はこんな感じ。

 

 

大事な目はクリアパーツです。

内側に銀色のシールを貼る構造です。

アタマ部品。

 

細かいところまでシールで再現できるようになていますが、このシールが結構やっかい。

(14)なんか、物理的に無理じゃね? って感じです。

自分で切り離すしかない?

 

組み立てると、その美しいフォルムが再現されます。

 

 

一家に一台のレベルです。







-K-2SO
-

Translate »

Copyright© ペーパークラフトで見るハウルの動く城 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.