島崎恭一著講談社刊ペーパーパークラフトBOOK『ハウルの動く城』を作ってみた

ペーパークラフトで見るハウルの動く城

製作日記 講談社版ハウルの動く城

風邪をひき点滴されつつハウル読む

投稿日:2005年2月19日 更新日:

4日ほどまへから寒氣を覺えつつ仕事に勤しみ、

本日土曜日休日なので醫者に行つた。

咽にくる風邪とのことで、藥液を吸引後、點滴を受ける。

點滴中にハウルの原作本を讀み、家に戻つてからも寢ながら

本を讀み、第1卷を讀み終へた。

映畫とはかなり違ふ。

別の物語といつてもいい。

ハウルと火の惡魔の關係とソフィーの老化魔法と

動く城(原作では空中に浮かんでゐる)は物語の核として一致して

ゐるが、他にもいろんな要素がからみつつお話は進行していく。

じつに英國的である。

今日はこのまま寢て、明日は養生しながら、クラフト作りに

にとりかかれるか。焼酎飲んで寝よう。







-製作日記, 講談社版ハウルの動く城

Translate »

Copyright© ペーパークラフトで見るハウルの動く城 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.