島崎恭一著講談社刊ペーパーパークラフトBOOK『ハウルの動く城』を作ってみた

ペーパークラフトで見るハウルの動く城

製作日記 講談社版ハウルの動く城

おおいに作る

投稿日:2005年8月29日 更新日:

禁煙経過時間 3カ月 25日 7時間 29分経過

吸わなかった煙草 117箱 6本

浮いた煙草代 32844円

(原価 14690円 たばこ税+消費税 18154円)

ハウル城の製作はすすんでいなかったのだが、禁煙は続いていた

のである。我ながらたいしたもんである。

さて、この土日。展覧会に間に合わせるためにあせりだした

豫は作る作る。

庭の草刈をした以外の時間はすべてナイフを握っていたと

いってもいいかも知れない。

ナイフで切り出す。

断面と境界をマーカーでタッチアップする。

ボンドを塗って貼る。

この繰り返し。

家を数棟。両目。入り口。舌。紅白屋根のバルコニーを

つくりあげた。

ハウルの動く城ペーパークラフトBOOK

事前選挙関連カーが走り、セミが鳴いている。

舌については、糊しろと舌表面境界線をハッキリ折ってしまったのは

失敗だったかもしれない。反対側の側面は自然な丸みをもっている

んだもんな。

ハウルの動く城ペーパークラフトBOOK

胴体本体とでかい家が手付かず状態である。脚もあと3本残っている。

仙台で牛舌定食食べるの絵。テールスープも付いていた。

f:id:tenkin:20050925142206j:image







-製作日記, 講談社版ハウルの動く城

Translate »

Copyright© ペーパークラフトで見るハウルの動く城 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.