島崎恭一著講談社刊ペーパーパークラフトBOOK『ハウルの動く城』を作ってみた

ペーパークラフトで見るハウルの動く城

エプソン版ハウルの動く城 製作日記 講談社版ハウルの動く城

翼つくりはじめ。

投稿日:2006年10月2日 更新日:

翼の骨はかなり前に作ってあったが、本日、それを翼に貼った。

飛び出した骨は切った。

島崎版ハウルではヒレだったが、今回のエプソン版では羽根とゆーか

翼である。実験中に落ちて彼岸に渡ったオットー・リリエンタールの

グライダーのような翼だ。

ヒガンバナは満開。根元には、別の球根(?)からちょろちょろと葉

も顔を出しはじめている。

f:id:tenkin:20061003124241j:image

翼の内部はもう少し、着色しなければなるまい。

かつて私は、ハンググライダーで空を飛んでいたことがある。

「まどか」とゆー名前の国産中古機体をもっていた。

翼は、ベルヌイの定理で揚力を生み出し、飛ぶのである。

ハングシム

ハングシム







-エプソン版ハウルの動く城, 製作日記, 講談社版ハウルの動く城

Translate »

Copyright© ペーパークラフトで見るハウルの動く城 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.