島崎恭一著講談社刊ペーパーパークラフトBOOK『ハウルの動く城』を作ってみた

ペーパークラフトで見るハウルの動く城

製作日記 講談社版ハウルの動く城

完成はいつになることやら

投稿日:2005年2月4日 更新日:

ハウルの動く城ペーパークラフトBOOKといふ本を買つたのである。

映畫で觀たあの化け物のやうな城を立體として眺めてみたかつたからである。

定価は3800円である。

幸いアマゾンで中古品が賣つてゐたので注文し、入手した。

出品價格:¥1990

配送料、その他:¥340

合計2330円である。

届いた古本は新品同様だった。

豫は、ペーパァクラフトマニヤではない。 が、工作はわりと好きである。

でも毎日忙しく働いてゐるお父さんでもある。

この本のやうな大がかりなペーパァクラフトを作るのは初めてでもある。

完成するまで何日かかるやら。

この日記は、その記録である。

作る順番は特になひやうなので、とりあへず、城にコバンザメのやうに

いくつもくっついてゐる家の何棟かを作つてみた。

上級者パーツとしてリアルな屋根の部品が用意されてゐるのだが、

1mm間隔で山折り山折り谷折り谷折りを繰り返して、波板を折りあげる作業

を強いられる。

專用の屋根折りジグを開發しないと、今後苦痛かも知れぬと思ふ。

親切に折りかたの指定線が部品に印刷されてゐるのだが、組み立てるとこの線が

目立つ。

この線や紙の斷面を着色するタッチアアップ用のペンを入手しやうと思ふ。







-製作日記, 講談社版ハウルの動く城

Translate »

Copyright© ペーパークラフトで見るハウルの動く城 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.