島崎恭一著講談社刊ペーパーパークラフトBOOK『ハウルの動く城』を作ってみた

ペーパークラフトで見る『ハウルの動く城』

ペーパークラフトで見る『ハウルの動く城』

 

講談社刊・島崎恭一著
ハウルの動く城 ペーパークラフトBOOK
を作ってみた記録です。

組み立てるのに時間はかかりますが、完成した暁にはあの不思議な城の実態が判明します。

このペパクラ本、現在ではプレミア価格の中古品でしか入手できません。

だもんですから、写真でみなさんに紹介しちゃいます。

著者さんのサイトはここです。

さて、この『ハウルの動く城ペーパークラフトBOOK』ですが、私はamazonの中古品で手に入れました。

¥1990+送料で手に入れました。

当時は、この本の真価を世間が理解していなくて、定価よりもやすく売られていたのでした。

『ハウルの動く城』というジブリの映画は、私は映画館で子供といっしょに観ていました。

その映画のなかで私を一番驚かせたのは、巨大な煙突を何本も生やし、体中に住宅を貼り付けたバケモノのような城でした。

映画の中の異様な城の全貌を見てみたいと考えていた私にとって、この『ハウルの動く城ペーパークラフトBOOK』は、その希望を叶えてくれるものだったのです。

 

定価

 

んで、この本を入手しましてボチボチ作り始めた私でした。

上質の紙に裏表印刷された各ページを本から1枚ずつ切り離し、そのページからデザインナイフで部品を1個ずつ切り出します。

折り線が付いている部品は、スチール定規とケガキ針をつかって、しっかりと折り線を付けます。

紙の断面は白くて目立ち、そのままだとみっともないので、タッチアップペンを使って断面を着色します。

ここまでの過程を経たうえで、爪楊枝の先にボンドを付けて、それを糊代部分に塗って、紙を貼り付けます。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この作業をえんえんと繰り返し、(私の場合は半年かかりましたが)、ハウルの動く城が完成します。

まだ寒い冬の2月から作り始め、途中、中断しながらも、ようやく秋に完成させました。

最初のうちは似たようなパーツをいくつも作る必要がありました。

煙突とか家とか足とか大砲とか。

 

P1030941

似たような作業を複数回繰り返すのは、とても苦痛です。

たとえばコレ。脚のツメです。

 

んで、こっちは、脚。

胴体に貼り付く家はこんな感じ。家の下に写っている部品は耳です。

何の役目を持っているのかわからないいろんな部品。

こちらは鼻と歯。

 

 

こうして地道に作業をすすめていくと、どんどんパーツがたまっていきます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

胴体を作り上げ、そこに、これまで作ったパーツを取り付けていって、日々、異様な城が姿を現す過程はとても面白く、楽しいものでした。

 

完成状態ではかなりの大きさになり、圧巻です。

この完成品を見た人々は一人のこらず、感嘆の声をあげてくれます。

 

ジブリが作り上げた複雑な造形と、それを3次元立体として、しかも紙で再現させた島崎恭一氏の才能と努力に驚きます。

このすばらしいペパクラ本がまた増刷されて書店に並び、一人でも多くの方に、このペーパークラフトを作ってもらいたいと思っています。

 

P1040027

 

 

投稿日:2015年2月11日 更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »

Copyright© ペーパークラフトで見る『ハウルの動く城』 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.